一般社団法人青森県溶接協会のホームページへようこそ!!|溶接事業|溶接技術向上|青森県青森市

qrcode.png
http://www.aomoriken-yousetu.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

一般社団法人青森県溶接協会
〒030-0921
青森県青森市原別五丁目11-55
TEL.017-736-9055
FAX.017-736-9056

───────────────
溶接に関する事業を行い、
青森県内の溶接技術の向上
ならびに普及を図る事を
目的とする。
───────────────

一般社団法人日本溶接協会
指定機関
004480
 

評価試験申込み方法

 

評価試験の日程

評価試験の日程
 
 

評価試験の申込み

評価試験の申込み
 
溶接技能者評価試験の申込みは、評価試験日程表にある受付先へ問合せ、料金等確認し申込みお願いいたします。
締切りについても受付先で確認お願いいたします。(申込状況で早く締切る事があります)
 
  八戸溶接協会 住所:八戸市沼館1丁目13番3号 東建ビル2階
TEL:0178−44−4833
  青森溶接協会 住所:青森市原別5丁目11−55

TEL:017−736−9055
  上十三機械溶接協会 住所:十和田市西三番町3−17 一般社団法人上北労働基準協会内

TEL:0176−22−2234
  黒石地区溶接協会 住所:黒石市緑ヶ丘43 大平熔材株式会社 黒石営業所内

TEL:0172−53−5391
  弘前地区溶接協会 住所:弘前市神田4−2−11 株式会社東酸 弘前事業所内

TEL:0172−36−7711
  五所川原地区溶接協会 住所:五所川原市金山字竹崎171−11 株式会社東酸 五所川原営業所内

TEL:0173−35−2519
  下北地区溶接協会 住所:むつ市真砂町3−1 株式会社東酸 大湊営業所内

TEL:0175−29−1120
 

評価試験に係る各料金の一覧

評価試験に係る各料金の一覧
 
 

申込書記入上の注意事項

申込書記入上の注意事項
 
1.申込書の裏面をよく読んで申込書を作成して下さい。
2.写真は、最近6ヶ月以内に撮影した「縦4.5cm×横3.5cm(パスポートサイズ用)」の
  ものを貼付して下さい。目がはっきりしないメガネ及び色付きメガネは不可です。また、申込書
  の右肩にあわせ枠内にきちんと貼って下さい。
3.既得資格、現有資格等は該当するものを記入して下さい。申込書を提出する際に適格性証明書を
  提示して下さい。
4.基本級免除し受験する場合は、既得資格の有効期限が2ヶ月以上必要です。
5.申込書の作成が終わったら、記入もれがないか、印鑑の押印忘れがないか、また写真のサイズ、
  貼り方に不備がないかもう一度確認して下さい。申込書の作成に不備があると受付できません。
  注)最近捺印が欠けているために再押印して頂いているケースが増えています。捺印はしっかり
   と見えるように押印してください。
 

受験取消し等について

受験取消し等について
 

1.受験日や受験種目の変更や取消しは受験予定日35日以前に限り認められ、返金できます。
2.再評価試験で基本級・専門級を申込みをされた方で、受験日当日の「基本級省略」の申し出は

  認められません。
3.学科試験受験予定の方で該当する適格性証明書が見つかった場合「学科免除」になりますので

  適格性証明書を受験日当日に受付へ提示して下さい。

 

受験票について

受験票について
 
1.受験票は1〜2週間前に発送いたします。
2.受験票の記載事項に誤りがあるときは、受験日もしくは受験日前までに申し出てください。
3.使用溶接材料の変更は受験日もしくは受験日前までに申し出てください。
 

欠席について

欠席について
 

1.仕事等で欠席した場合、受験料の返金はありません。
2.受験の欠席で次の場合、受験料の返金が出来ます。
  ・三親等までの忌引きによる欠席
  ・忌引き・怪我・病気を確認する書類を受験日より1週間以内に提出
   忌引きの場合は、「会葬御礼又はその写し」か「死亡証明書又は写し」
   本人の怪我・病気の場合は「労災関係書類の写し」又は「診断書又はその写し」で、診断書の
   場合
(○日間療養を要し)など試験日に受験できない事が明記されていること。
※「証明書が提出された忌引き」「診断書等が提出された怪我・病気による欠席」で証明書・診断書を試験日
 より1週間以内に提出した者に限り試験料を全額返金します。

 

受験に際しての注意事項

受験に際しての注意事項
 
溶接技能者評価試験の注意事項です。試験会場でパネルで掲示しているものです。
   

評価試験について下記の事についての質問等多数ありましたので記載いたします。

1.受験料の返金について
 評価試験日35日前を切りますと返金できません、仕事等で受験できなくなった方は早めに連絡を下さい。忌引き・病気・怪我により受験できない場合は返金できます。

2.受験日の変更について
 35日前を切ってしまうと変更することはできません。

3.受験会場の設備等についての質問
 ・受験会場にタック溶接のジグはありますか?
 板のタック溶接ジグは青森工業高等学校と八戸工科学院以外の会場には無い為持ち込んで下さい。
 TN-P及びT-1Pのジグは有ります。又、Cチャネルなどでタック溶接しても構いません。
 中肉管及び厚肉管のタック溶接ジグは有りません。Cチャネル等でタック溶接して頂いてます。

 ・低い電流値で溶接したい等について
 特殊仕様のアーク溶接機は青森工業高等学校にしかありません。
 八戸工科学院は古い溶接機1台がかろうじて低い電流に対応できます。
 ※特殊仕様にしていない中型機は電流値が下がらないのでご注意ください。(最低値目安85前後、それぞれの機械で異なります)

 ・厚板の溶接でストロングバック(拘束ジグ)を使いたい
 会場には有りませんので、持ち込んで使用してください。

 ・受験するにあたり工具類は会場で借りられないのか?
 会場の工具紛失等ありますので、持ち込んで下さい。
 ※開先加工に必要な工具類、溶接に必要な工具類(ジグをしっかり締付ける工具など)
 ※やむを得ず忘れてしまった時は申し出てください

4.タック溶接について
 東北地区は試験日に試験材料配布し受験者本人にタック溶接をして頂いています。
 他地区の様に送ったりはしませんのでご注意願います。

5.学科試験は日本語以外で受験できますか?
 学科試験問題は手溶接・半自動・ステンレスで英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、タイ語、手溶接・半自動でインドネシア語、チタンで韓国語があります。
 受験の手引きは日本語の物しか無く、溶接・接合用語集溶接学会編にて専門用語の和英/英和ができます。

6.消耗品類について
 溶接棒、ワイヤ、溶加棒、コンタクトチップ、タングステン電極、MIXガス、ストロングバック(拘束ジグ)は受験者が持ち込んで下さい。
 ※タングステン電極はYT-20TS2に合う長さの物を数本、短いもの(YT-15TS2以下)は不可(コレットの破損や電流が不安定になります)実技試験を円滑に進行する為ご協力ください。

 

 

評価試験の合否判定基準

評価試験の合否判定基準
 
 
合否判定基準
 1.試験は、外観試験及び曲げ試験のすべての評価基準を満足しなければならない。
 2.学科試験は正解率が60%以上のものを合格とする。
 

外観試験の評価基準
 外観試験の各項目が著しく不良のものは、不合格とする。
 

曲げ試験の評価基準(手溶接、半自動、ステンレス鋼、チタン、すみ肉、基礎杭、石油工業溶接士)
 1.表曲げ、裏曲げ試験
  曲げられた試験片の外面に次の欠陥が認められる場合は、不合格とする。
  ただし、アンダカット内部の割れは対象とするが、熱影響部の割れは対象としない。
  また、ブローホールと割れが連続しているものは、ブローホールを含めて連続した割れの長さと
  みなす。
  (1)3.0mmを超える割れがある場合。
  (2)3.0mm以下の割れの合計長さが、7.0mmを超える場合。
  (3)ブローホール及び割れの合計数が、10個を超える場合。
  (4)アンダカット、溶込み不良、スラッグ巻込みなどが著しい場合。
  ※すみ肉溶接は裏曲げのみ
 2.側曲げ試験は、厚板及び厚肉管の試験材に適用します。
 

破面試験の評価基準(E種の試験材)
 (1)溶接時に発生した割れがある場合
 (2)長さ3.0mmを超える欠陥がある場合
 (3)3.0mm以下の欠陥でも個数が10個を超えるもの、又は欠陥長さの合計が7.0mm
  超える場合。ただし、この場合0.2mm以下のものは、欠陥とみなさない。
 

放射線透過試験の評価基準(銀ろう付)
 (1)板幅方向において、連続するきずの長径が28mmを超えてはならない。
 (2)重ね方向において、連続するきずの長径が17mmを超えてはならない。
 (3)きずの面積の総和が190mm² を超えてはならない。

気密試験の評価基準(銀ろう付)
 気密試験において、漏れがあってはならない。
 

引張試験の評価基準(プラスチック)
 引張試験を行った結果、2個の試験片の強さが、いずれも満足しなければならない。
 (1)ポリ塩化ビニル板、30MPa以上の引張強さ
 (2)ポリプロピレン板、15MPa以上の引張強さ
 (3)ポリエチレン板、12MPa以上の引張強さ
 

外観試験の合否判定指針は、評価試験会場にて掲示しています。
 

試験結果の通知

試験結果の通知
 
評価試験の結果は、原則として評価試験実施後2ヵ月後の月末で通知します。
例)3月の評価試験受験→→5月25日頃合否決定→通知→6月1日以降合格手続
 

溶接技能者資格認証の流れ

溶接技能者資格認証の流れ
 
<<一般社団法人青森県溶接協会>> 〒030-0921 青森県青森市原別五丁目11-55 TEL:017-736-9055 FAX:017-736-9056